モテるかどうかは出会いの数で決まる。陰キャな僕でも出会えばモテた

こんにちは!kenです。
 
 
今回は、
「モテるかどうかは出会いの数で決まる。陰キャな僕でも出会えばモテた」
というお話です。
 
 
僕は高校生の頃、モテませんでした。
 
 
なぜなら出会いが少なかったからです。
昔、1ヶ月で新規で出会ってた女の子は、多くても1人でした。悪い時は0人。
1人しか出会わないんだから、モテようがありません。
 
 
なぜ出会わなかったのか?と聞かれれば、
それは僕がひねくれていたからです。
当時、僕は素直に「女と付き合いてえ」とか言えなかったんです。
別に彼女いなくてもいいし。と強がってました。
 
 
で、強がって、出会いに行かない。そりゃモテません。
 
 
ですが、そんな僕でも今は、
毎週末女の子と会う予定入っていて、
超充実した日々を送ってます。
 
 
昔の僕が今の自分みたら、どうした俺wwと超ビビることでしょう。
 
 
なぜ僕がモテるようになったのか?
結論から言ってしまえば、単純に出会いが増えたからです。
 
 
昔は1ヶ月に新しく会う女の子1人とかでした。
に対して今は1ヶ月に軽く100人以上は新規の出会いあります。
だからモテてるのです。
 
 
ちなみに性格は変わってません。
前の陰キャのままですw
 
 
そんな僕だからこそ、
モテるために大事なのは性格ではなくて、
出会いの数だと断言できます。
陰キャでも出会い増やせば、勝手にモテます。
 
 
これが全てなのですが…
詳しく話していきますね。
 
 
僕は高校時代、本当にモテませんでした。
そしてモテないことで、自分に自信がなくて超ひねくれていました。
 
 
それもこれも、
女子ととの出会いがないのが原因だったのです。
 
 
そもそも僕は、
学年に女子が4人しかいない高校に通っていたのです。
 
 
その中でも超大人しいグループに属していました。
 
 
それはエロゲーが大好きなオタク集団、陰キャグループです。
 
 
オタク友達とばかりつるむ毎日でした。
 
 
はあ…またお前らか!
 
 
 
ほんとは女の子と話してみたいけど、
「女と話すなんて無理ゲー…どうせ俺なんかに興味ないやろ」
自分に自信がなく、ひねくれてました。
 
 
自信がなくひねくれていたから、
積極的に出会いを探すことができなかったんですね。
 
 
出会いを探さないので、モテません。
 
 
 
本音を言うと陽キャが羨ましかったです。
 
 
陽キャってわかりますか?
要はモテてる奴らのことです。
 
 
彼らは僕と同じ「女子のいない空間」にいながら、
他校に赴いたり、出会いに積極的でした。
 
 
に対して僕は、
「自分は陰キャで顔もカッコよくない。
僕なんかと話しても女子は面白くないだろう…。」
とひねくれを発揮してます。
 
 
陽キャが女の子との話を楽しそうに語る一方で、
陰キャの僕は女の子との出会いを諦めていたんですね。
 
 
陽キャは
「あ~来週○○高校の女子とデートだわー!
やっとセックスできるぜー!」
と超楽しそうなんです。
 
 
一方、陰キャな僕は休日も友達とゲームでした。
 
 
はぁ…なんなん、この陽キャと陰キャの格差社会。
 
 
その結果、
「どうせ自分に彼女ができるわけがない。陽キャと陰キャは違う生き物だ」
と思うようになります。
 
 
 
陰キャを言い訳に彼女を諦めていた僕ですが、
20代も中盤を突破し、まじでヤベェと思い始めます。
 
 
 そこで、友人の勧めで、マッチングアプリに手を出します。
 ついに、出会いを求めに動いたんです。
 
 
すると、そこには何千人もの女性の写真がズラリ。
 
 
「ファ!?この中から仲良くなりたい子選んでええんか!!
結構可愛い子おるやん!!」
とテンション超上がりましたwww
 
 
スマホでポチポチやり取りしていると、すぐに数人の女性とマッチングしました。
 
 
「うおおおおおおおおおお!」
 
 
テンションが上がった僕は、やり取りを続けていきます。
すると、あっさりとデートの約束が決まったのです。
 
 
えぇ…(困惑)
 
 
デートってこんな簡単に決まるの?
今まで俺何やってたんや・・・。
 
 
 
 そこから何人もの女性とデートを重ねました。
毎週女の子とデート、1日2人と会うなんてことも日常になりました。
 
 
そしてある人とは付き合う。
ある人とは一晩限りの関係など、自分で選べるようになったんです。
 
 
このように、出会いが増えると普通にモテるようになりました。
 
 
モテるようになったことで、自信がつきました。
 
 
自信がついたことで、
もっともっとモテたいと素直になれたのです。
 
 
素直にモテたいと言えるようになったので、
ガンガン出会を増やすようになります。
 
 
出会いを増やした結果、さらにモテるようになりました。
 
 
そして気づきます。
 
 
そっか、
 
 
今まで彼女ができなかったのは、僕が陰キャだったからじゃない。
 
 
容姿の問題でもない。
 
 
単純に出会いがなかったからだったんだ。
 
 
僕は今も昔も陰キャです。
つまり性格は変わっていません。
 
 
変わったのは出会いの数だけです。
 
 
出会いを増やせばモテるようになる。
これは僕が体験した紛れもない事実です。
 
 
もし過去にタイムスリップしたら、
昔の僕にこういいたいです。
「今お前がモテてないのは、陰キャだからじゃない。
単純に出会いがないだけなんだよ。
出会いさえ増やせばモテるんだから、もっと自信持てよ!」
と。
 
 
ちなみに、マッチングアプリで出会う方法はメルマガ内で紹介してますので、
登録がまだでしたらこちらからどうぞ ⇒ 今すぐ無料登録する
 
 
それではまた次の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です